ときめきの(41-50)作
(額はイメージです)
【 天 地 創 造 】
9月26日 午前5時40分 丸山林道
台風の後は
凄い空に会える。
稜線が黄金に輝いた時、
全ての光を余すところなく雲が
受けて燃え盛った。光と風と色の饗宴は
数分に及び、立っている私まで朱に染まった。
グオーン、グオーンと空鳴りが聞こえる。
息遣いをしている富士山が
この空を連れてきた。

【情念の空】
 
そのとき、
空に竜が飛んだ。
この日この場所にいて、
このシーンに出逢った幸せ、
この臨場感を、風を、温度を、朝の匂いを
あなたに届ける事。それが私のお役目だ。
生かされている事に感謝の日々である。

【 夕 陽 讃 歌 】
6月26日 17時47分 山梨県 韮崎市 甘利山より
大好きな
日暮の1時間前。
それは万物が美しく甦る
黄金の時。やがて17時47分になった。
待った甲斐あり。日没前の斜光が描いた未知の光景が
僅かな時間だけ出現した。
たなびく雲は淡い夕陽の色に染まっている。
コノハナサクヤヒメはこの姿を
私に見せたかったのだ。
ありがとう姫。君は
最高に綺麗だよ。

【 天 晴 五 月 舞 】
5月2日 午前10時 朝霧高原もちやより
ここは富士山麓西側にあるもちやドライブイン。
毎年4月下旬からは百匹の鯉のぼりが芝生を
渡る風に揺れる。ある年 奇跡が起きた。
端午の節句に桜が満開だった。
風が吹いて鯉が泳いだ。

夢よ大きく空に舞え
青空白雪 鯉のぼり
端午の節句に 花満開

写真を
額に入れて
壁に掛けるお客様も
多い。部屋の中には鯉のぼり。
場所は取らずに歳時記感がある。
これは新しい流行になるかも知れないなあ。

【 春 の 歓 び 】
4月1日 午前8時50分 富士宮市内房より
この景色に
立てて幸せだった。
いつか必ず逢えると信じて
通った数年間が思い出される。
今の富士山麓には、これ以上の桜と
富士山の調和の景色は幾つも無いであろう。

この一帯には稲瀬川が流れる。川沿いの
集落、土手に咲く無数の桜は絵の様に
美しい。時を忘れて散策する者に
至福の喜びを与えてくれる
日本の原風景だ。

【 満 天 の 流 星 】
11月19日 午前3時7分〜37分 富士山二合目 西臼塚より
富士山と北極星を正面に、オリオン座を背面にして
宇宙の彼方から飛来する獅子座流星群を待つ。
気温は0℃。満天の星で富士山が明るい。

午前2時、開始を知らせる様にピューンと
大きな光が東から西に流れた。そしてドラマが
始まった。東の空に流星発生の中心が有り、そこから
四方八方に星が飛ぶ。北極星を軸に天体が廻る。

午前3時19分。最大の流星が飛来した。30分の
露出の間に29本の流れ星がフィルム上に
写った。流れ星は停まっている。
願い放題、夢の叶う写真と
して有名になった。

【 夢 へ の 入 口】
12月5日 暁の頃 西川林道
夜明前、
雲の下から
街と橋の灯りが
透ける様に観えて
いた。湖を覆っていた
雲が動きだし空に色が付き
始めた。オーロラみたいで吸い
込まれた。【千と千尋の神隠し】の
中に出てきた、湖の中に消えて行く心の
電車の様だ!幻想と神秘の視界が広がって
来た。空が彩られて来た。皆この時間に夢を観る。

【 富 士 大 和 桜 】
4月24日 富士吉田市 富士見孝徳公園
石段を登り
切った先にある
小さな祠は土地の人が
心を寄せて大切に守っている
國福大神社( ク ニ フ ク オ オ カ ミ ノ ヤ シ ロ )。
天照大神の別称だ。祠を背にした梢の間から
富士山の頂が見えた。角度はここしかない。富士山と
満開の桜に加え陽に輝く鳥居の入った写真は
極めて貴重だ。神様も入り三拍子揃った
春爛漫のご褒美を頂いた。

【 瑠 璃 白 光 】
8月中旬 午前7時半 静岡県山伏峠より
天空の
旭日はかって
観た事のない巨大な
光の輪になって出現した。天と
地の無数の神々が光彩の輪の周りで躍り、
舞っている。新しい次元と昇華の誘ない
だろうか。完全な逆光の中、極大の
太陽を受けとめた。この光から
全てが生まれた様な写真に
なった。人間も
地球も無限宇宙の
一部である。人の思いは
天に届き宇宙をも動かす。
七色の彩輪が刻々と大きくなっている。

【 彩 雲 紅 葉 】
11月上旬 午前8時 富士河口湖町大石浜より
逆光で
紅葉が朝陽を
透かして深紅になって
いる枝を見つけた。紅葉の先の
薄い雲に朝の強烈な斜光が当たり
彩雲が出た。「あ、来た。待ってたよ」
歓迎してくれた。こんな事は想像していなかった。

この写真の2週間後、画面に見えている一番上の
枝を伸ばしている樹が切られた事を知った。
根が枯れた為だという。あの彩雲は
一番美しい姿を見せてくれた
紅葉からのさよなら
だったんだ。