ときめきの(21-30)作
(額はイメージです)

【 初 ひ か り 】
1月18日午前6時39分 山中湖平野浜より
日本の
真冬の朝陽は
最初に富士山頂に届く。
ピンクの色が一番冴え渡る極みは
10秒のみ。今朝は遂に-20度になった。

昨日の浜の雪が凍っている。気温に比例
して紅の色が冴える。冬は白雪が
染まる紅富士。夏の赤富士と
共に吉兆である。

【 湖 畔 桜 】
四月中旬 午前9時 田貫湖より
この湖はダイヤモンド富士で有名になった。

季節の変化が明確だと桜は喜んで
絢爛の花盛りになる。幸運にもこの桜を
撮れたのは厳冬の期間が長かった
20世紀の終る頃だった。

今は季節の変化が少ないから
色も量も小さい。反対に人間は短くて
暖かい冬を歓迎する。人間に都合の
いい事と自然の歓喜とは逆が多い。

見渡せば里に色づく山桜
空の青さと富士の白雪

【 麗 光 】
7月 早朝 山中湖より
それは数秒の
出来事。ある夏の朝湖に
映った姿はまるで時が止まった様に
神秘的だった。最高潮の赤が山全体を
染めた時、湖は鏡になって湖面にも
その姿を映し出した。古来から
吉兆とされる赤富士の中
でも更に貴重な逆さ
赤富士。

今を堂々と!
全ては実現に満ちて
いると言われている様だ。

【 入 江 の 慕 情 】
1月25日 午後5時半
西伊豆静浦湾を見下ろす発端丈山より
 海の入江に夜のとばりが降りた。
冬の夕暮れは早い。斜光の残照が
峰の白雪を照らしている。

漁を終えた漁船が湊に戻って来た。
遥かな富士は残照の淡紅、
漁村に夜がやって来る。

海に浮かべた筏は
海老やハマチの養殖である。
海の色が完全に無くなるまで、
私はずっと立って観ていた。

北斎さん見てくれ 現代の浮世絵が出来たよ

【 紅 富 士 】
1月中旬 午前7時
御殿場市 富士山中腹の水ケ塚より
午前6時から山を見て立っている。
一段と寒いが素晴らしい! 今朝は-20度だ。
嶺の極みの色は寒さと引き換えだから。

やがて頂上から徐々に紅色が下に
広がってドラマが始まった。
最高潮は10秒足らず。
白雪よ極まれ鮮血の色に!

凛とした幻冬の朝だった。

【 頭を雲の上に出し 】
初夏の朝 山梨県 西川林道より
頭を雲の上に出し
四方の山を見降ろして
雷様を下に聞く 富士は日本一の山

青空高く聳え立ち
体に雪の着物着て
霞の裾を遠く引く 富士は日本一の山

富士山を見た事がない人も
心の中には富士山がある。

その調和のとれた美しい姿は
もの言わず日本人に語りかけて来た。

 心が世界を創る。
頭を雲の上に出し 心はいつも日本晴れ

【 春 爛 】
4月4日 午前九時 静岡県 芝川町 興徳寺より
桜と富士山の最高の調和。

春霞 青空 澄んだ空気 午前中 
光燦々 枝振り 満開 白雪 
山の全容 無風 陰影 雲構図、露出

 1枚の完成に数年かかる事もある。
右下の麓の丘に菜の花の畑が見える。

 広重描く桜にも似て
時を超えて愛される一枚になった。

【 盛 春 】
4月4日 静岡県 芝川町 柚野より
高さ2.5mをセットし、脚立を
使って人々の頭上から撮った。

手前から奥までグワーッと広がる
菜の花畑、森には山桜、富士に白雪。
こんな日は山麓にいるのがとても楽しい。

爽やかな風が吹いて来る、
部屋の空気がいっぺんに明るくなる。
窓を開けて見ているような臨場感だ と
ご好評を戴いている春景色。

【 早 春 讃 歌 】
3 月上旬 富士宮市 本宮より
心惹かれた2本の白梅の古木。
花と対話しながら角度を探して
いる内に、腹這いになった。

30p、40p、地面を掘った。漸く
理想の構図になった。私は上体をくの字に
曲げてカメラを穴に入れ、首を長く伸ばし土
と藁クズまみれになって撮っている。

これもピンポイントの角度だなあ。
 紺碧の空をバックに大小の2本が競演し
中央で富士山が微笑んでいる。

土を埋め戻し富士山に挨拶して東京に戻った。

【 み の り 】
10月22日 午前7時 信州旧塩尻峠より
ここは信州塩尻の
峠の道の麦の穂が 朝陽を受けて輝いた

輝く時は限られて
夜明直後の数分間 遙かな富士はシルエット

もうすぐ山に冬が来る
その少し前 霜の朝〔みのり〕の写真が出来ました

無限宇宙の幾億の
中に生まれた太陽系 銀河の中の奇跡星

地球に生きて恵み有り
自然の摂理に感謝して
ときめきの富士 ここにあり