めきの富士・夏の色

夏11〜夏18

11
【 紅 炎 】
朝陽は雲の扉を開けた
7月28日 夜明け 静岡県 猪之頭峠より
この一瞬に出逢う為に生きる。
この光を観る為にときめく心を持ち続ける。

夜中まで雲が厚くても未明に富士山の
シルエットが観えなくても、
必ず強烈な朝陽は雲の扉を開ける。

厳しい条件の時こそ、
それを乗り超えた先に出る光景は
喜びに満たされる。

春 12
【 吉 兆 赤 富 士 】
正に吉兆なり
8月1日 午前5時前 二合目より
富士山は活火山だから鉄分を含む。
昨夜の雨、夜明けの快晴、強い直射光・・・
自然界の様々な要素が一致した時に逢える。

色の極みは数秒のみ、古来より
幸運の象徴とされる赤富士。吉兆である。
かの北斎もこれを観たか!

春 13
【 夏 の 夜 空 】
朝陽は雲の扉を開けた
8月7日 0時50分 山中湖畔より
夏の夜空も美しい。
それに気づいてからよくこの湖に来た。

富士山よりも大きな広がって
ずっと位置を変えずに留まっていてくれた。
何かを伝えに来た様だ。

春 14
【 飛 来 】
夏は雲が生き物に変わる
8月8日 朝 山梨県 梨ケ原より
早朝の赤富士の時を過ぎて
富士山は鉄色に戻って佇んでいる。

鳥の翼雲が湧いた。
大きく羽ばいて上空を通過して行く。

顔は猛獣か、よく観ると雲の先端には天使の顔。
その天使が息を吹き出す先には半月があった。
何だか色々と象徴的だなあ。

春 15
【原 始 黎 明】
古来より人が見てきた夜明け
8月18日 午前7時40分 山伏峠より
山の端から朝陽が顔を出すに連れて、
山を覆っていた靄がざわめき出す。

山伏峠の朝は夏でも冷え込み空が燃える。

やまとの民は古来から朝陽を拝んできた。
全身を包む夜明前の冷気(霊気)と感謝。
それは生活のリズムそのものだった。

 いのちが燦然と輝き出す朝が来た。

春 16
【 抱かれた朝 】
赤富士と裾野のグラデーション
8月17日 午前5時 二合目より
緑の草の前には深く大きな谷が広がる。
ここは天と地が光で結ばれる場所、

天恵を頂いて富士山の女神に抱かれた。
最高潮の赤、輝く中腹、緑のグラデーション。

数多くの赤富士の中で唯一、
別次元とされる美しさの赤富士が出た。

春 17
【 心模様 】
ときめきのダイヤモンド
8月23日 6:05 am 静岡県 田貫湖より
ちょっと違ってイイ感じの富士山が待っていた。
心の奥のときめきや、揺れる思いが映った。
中央を走る線、金の笠雲、上下の姿は菱形。

この姿こそダイヤモンド富士だ。
あなたに無限のときめきを!

春 18
【 天龍 】
天の大河の様に龍が渡る
8月25日 早朝 山中湖 三国峠より
空全面を覆い尽くす龍雲が流れる朝。
何かを伝えに来たのかな。

斜めに走る亀裂は希望と視点。
惑わされず変化して今を超えて行こう。

あのクリアな世界が待っている。
そこに行こう。

夏11〜夏18