今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真

「ときめきの富士」先頭ページへ 富士山 世界文化遺産 ときめきの富士 絶景の富士


今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真


【夜明のむらさき】
吸い込まれるような美しさ
2月26日 早朝 八ヶ岳山麓の北杜市長坂町より

 富士山と八ヶ岳は仲の良い兄弟姉妹のようだ。
昔々、ダイダラボッチが富士山を観ようと腰掛けたのが八ヶ岳で、お陰で山頂は無くなり、左足を伸ばした跡が霞ヶ浦になり、右足の跡は琵琶湖になったらしい。

 その通り、八ヶ岳山麓から観る富士山は際立って美しいのだ。
御坂山系の上に肩から上を出した姿は、まるで異次元の理想郷が眼の前に出現した感がある。

 長坂のICを降りたのが未明の頃。森と田園地帯からの富士山を写真にしようとポイントを探していたら、大きく開けた場所に出た。

 稜線の微かな彩りは夜明けが近づくに連れて濃さを増した。
やがて紫からオレンジへの美しいグラデーションの世界に包まれた。

 私の大好きなときめきの色。それらは山岳写真の富士山ではないから、情景の美と究極の構図、誰も観た事のない世界が真髄となる。ずっとそれを積み重ね 99作まであと少しになった。

 作品を発表したら、直ぐにお嫁入りしてしまう状況が続いている。人々の心に共鳴するときめきの富士、八ヶ岳の山麓から今。

ときめきの富士は今、97作が出来ました。

全ての作品をご覧になりたい方は、品川区西五反田の『サロン』か
富士吉田の『山のアトリエ』にどうぞ。

富士急行河口湖駅、富士急行富士山駅、富士急ハイランド、
河口湖富士レークホテル、山梨県富士山世界遺産センター、
西湖いやしの里、道の駅すばしり、山中湖の森の駅、
ラビスタ富士河口湖、静岡県富士山世界遺産センターでもお求め頂けます。


 全ての写真データの無断転載/流用を禁じます。
写真データや文章を使用希望の方は必ず事前に了解をお取り下さい。