今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真

「ときめきの富士」先頭ページへ 富士山 世界文化遺産 ときめきの富士 絶景の富士


今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真


【来光】
凛とした空気の中に朝陽が昇る
1月 午前7時19分 本栖湖の上の山から
 山梨県と静岡県の境にある本栖湖。
旧くからご来光を拝む絶景地として知られている。
冬至前後の1ヶ月が最盛期。

 時期になると湖畔には無数の車や写真愛好家がズラーっと湖畔に並ぶ。どうして人は他人と同じ事をしたがるんだろう。

 湖畔の木々は毎年少しずつ背が伸びるから毎年撮影位置は狭くなっている。従って陣取り合戦は激しくなっている。私は全くそれに興味が無い。

 以前から気になっていた湖を見下ろせる後ろの小山に登ってみた。人一人が通れるとても細い道だが、上の見晴台まで一応整備されていたので助かった。ゆっくりゆっくり40分のトレッキング。

 着いた場所は素晴らしい眺望だった。富士山が腕を広げて湖を優しくつつんでいる感じがする。
湖には薄氷が張っている。

 一面に広がるグレーの世界は朝陽が顔を出した瞬間から、光の色が溶けた暖かい景色に変わって行く。それは静かで力強い至福の時だった。

ときめきの富士は今、97作が出来ました。

全ての作品をご覧になりたい方は、品川区西五反田の『サロン』にどうぞ。

富士急行河口湖駅、富士山駅、富士急ハイランド、富士急バス停ショップ、
河口湖富士レークホテル、西湖いやしの里、道の駅すばしり、XIV山中湖、
ラビスタ富士河口湖、河口湖完熟屋、富士吉田市の富士の茶屋、
山中湖の森の駅、箱根の豊栄荘、河口浅間神社参道のあさましゃ、
富士宮市の静岡県富士山世界遺産センターでもお求め頂けます。


 全ての写真データの無断転載/流用を禁じます。
写真データや文章を使用希望の方は必ず事前に了解をお取り下さい。