今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真

「ときめきの富士」先頭ページへ 富士山 世界文化遺産 ときめきの富士 絶景の富士


今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真


【夕陽讃花】
極みの色の中で
令和元年 6月 26日 17時47分 山梨県 韮崎市 甘利山より
 午前4時半に山頂に立った。
厚い雲の中から山は出て来ず。そして9時になり一旦下山して仮眠し昼を過ぎて再度登った。厚いガス雲はまだまとわりついていた。

 腹を決めた。日没迄いよう。
15時にはハイカーだけになった。その頃から山は姿を現した。
17時半、大好きな日暮の1時間前を迎えた。それは万物が美しく甦る黄金の時。

朝からぐずっていたコノハナサクヤヒメは、1人になった私に午後遅くになってようやく麗しい姿を見せてくれた。だがその先の色を見たかった。雲間から差す夕陽がもっと際立った色でレンゲツツジを染める時を待った。
 
 17時47分になった。
山の夕暮れは冷える。待った甲斐あり。日没前の斜光が描いた未知の光景がわずかな時間現れた。たなびく雲は淡い夕陽の色に染まっている。

 コノハナサクヤヒメはこの姿を私に見せたかったのだ。
ありがとう姫。君は最高に綺麗だよ。

ときめきの富士は今、97作が出来ました。

全ての作品をご覧になりたい方は、品川区西五反田の『サロン』にどうぞ。

富士急行河口湖駅、富士山駅、富士急ハイランド、富士急バス停ショップ、
河口湖富士レークホテル、西湖いやしの里、道の駅すばしり、XIV山中湖、
ラビスタ富士河口湖、河口湖完熟屋、富士吉田市の富士の茶屋、
山中湖の森の駅、箱根の豊栄荘、河口浅間神社参道のあさましゃ、
富士宮市の静岡県富士山世界遺産センターでもお求め頂けます。


 全ての写真データの無断転載/流用を禁じます。
写真データや文章を使用希望の方は必ず事前に了解をお取り下さい。