今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真

「ときめきの富士」先頭ページへ 富士山 世界文化遺産 ときめきの富士 絶景の富士


今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真


【新たなる世界】
希望の光輝く
2月21日 午前6時57分 田貫湖より
 私は予てから言っている。富士山頂に登山しなくとも富士山とご来光は毎日平地から両方一緒に見る事が出来ると。

 それは富士山の西側にいて東から昇る朝陽を見ればいい。富士山に登って、八合目から更に頂上を目指して、雲海の上のご来光を見るのは爽快かもしれないが余りお勧めしない。

 第一、ご来光は見えても足元の富士山が見えない。登ってからやっとその事に気づく人が多い。そして〔人ゴミ〕の多さで環境が荒れる。富士山がとても苦しんでいる。

 一年を通して私は富士山と朝陽を観てきた。それは殆どが西から東を観る事。つまり逆光の中で劇的な情景を観てきた事だ。

 田貫湖は4月下旬と8月下旬のダイヤモンド富士で超有名だ。
私の〔いのち無限〕が一役買った。しかし、その時期を過ぎると人が激減する。勿体ないなあといつも思う。

 この朝も私一人。そんな時、時々コノハナサクヤヒメは貴重な光景を私に見せてくれる。それは恋人と過ごす二人だけの時間に似ている。

 低い雲海が右から流れてきた。やがて広がって山に絡むだろう。
その時に向こうの雲越しに朝陽が昇り始めた。その光は燦然と空に放射され、正に旭光と呼ぶにふさわしい希望に満ちていた。

 今まで隠されていたものが白日の下に晒される時代に入った。
揺るがずその道を進む者にとっては、続けてきた事が天に通じ、実を結ぶ時に至る。そうでない者はこの光に耐えられない。

 がんばろう日本。 希望に輝く初めての朝が来た。

ときめきの富士は今、95作が出来ました。

全ての作品をご覧になりたい方は、品川区西五反田の『サロン』か
富士吉田の『山のアトリエ』にどうぞ。

富士急行河口湖駅、富士急行富士山駅、富士急ハイランド、
河口湖富士レークホテル、富士山世界遺産センター、西湖いやしの里、
道の駅すばしり、山中湖の森の駅、ラビスタ富士河口湖でもお求め頂けます。

全ての写真データの無断転載/流用を禁じます。
写真データや文章を使用希望の方は必ず事前に了解をお取り下さい。

 全ての写真データの無断転載/流用を禁じます。
写真データや文章を使用希望の方は必ず事前に了解をお取り下さい。