今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真

「ときめきの富士」先頭ページへ 富士山 世界文化遺産 ときめきの富士 絶景の富士


今月のときめきの富士・・・ここにしかない唯一の富士山の写真


【花 の 精】
雲は女神の横顔になった
4月13日 午後3時45分 富士桜自然墓地公園
 毎年のようにここに行った。静岡県富士宮市で上位五本に入る桜の名所。広い墓地公園の全ての区画に植えられた桜の間から富士山が顔を出し、ここに来ると桜三昧の1日となる。
  
 ここは富士山の南西部に位置するから、思い付いて午後の桜を観る事にした。西に移った太陽の光を余す事なく全身で受ける桜の色は、朝陽を受けたピンクの色とは異なり午後の斜光の金色が入った独特の色になる。
  
 絶好の快晴に恵まれたこの日、一ヶ所に陣取って富士山を観ていた。やがて左から少しずつ雲が湧いて流れて来た。
山の上空を通る時に形は千変万化になる。ある瞬間富士山頂から立ち上る様に固まって上昇した。そして女神の顔が出た。
  
 ときめきの富士をライフワークと決めて究極の美を求めて続けて来た。そして今日富士山と桜の女神から最幸のご褒美を貰った気がして嬉しかった。
  
 共に女神の名は木花咲耶姫である

ときめきの富士は今、97作が出来ました。

全ての作品をご覧になりたい方は、品川区西五反田の『サロン』にどうぞ。

富士急行河口湖駅、富士山駅、富士急ハイランド、富士急バス停ショップ、
河口湖富士レークホテル、西湖いやしの里、道の駅すばしり、XIV山中湖、
ラビスタ富士河口湖、河口湖完熟屋、富士吉田市の富士の茶屋、
山中湖の森の駅、箱根の豊栄荘、河口浅間神社参道のあさましゃ、
富士宮市の静岡県富士山世界遺産センターでもお求め頂けます。


 全ての写真データの無断転載/流用を禁じます。
写真データや文章を使用希望の方は必ず事前に了解をお取り下さい。